永不熄滅:中国の民主化運動象徴、劉暁波氏が死去、2010年に獄中でノーベル平和賞受賞

2017/07/14 10:30 

170714liuxiaobo_01.jpg

永不熄滅:中国の民主化運動象徴、劉暁波氏が死去
2010年に獄中でノーベル平和賞受賞

 中国の民主活動家で2010年にノーベル平和賞を受賞した劉暁波(りゅう ぎょうは、リウ・シャオボー、劉曉波)氏が13日、肝臓がんによる多臓器不全のため遼寧省瀋陽市の病院で亡くなられたというニュースです。。。 以下関連ニュースの一部抜粋です。。。

 同病院と遼寧省監獄管理局によると、劉氏は今年5月末、服役していた同省内の刑務所で腹部に異常が見つかり、精密検査の結果肝臓がんと判明。6月に同病院に入院したが、劉氏のがんは末期で手術もできず、病状は悪化。今月13日午後5時35分に死去した。同病院によると、劉氏は死去する際、妻の劉霞氏に「お前はしっかり生きなさい」と言い残したという。息を引き取る時は劉霞氏や家族らにみとられ、安らかな表情だったとしている。(from huffingtonpost



 米国やドイツなど欧州諸国は、一貫して劉氏の釈放を求めてきた。これに対し、中国政府は「内政干渉だ」と反発。劉氏が病院に移されたことが6月26日に判明した後も、中国側は「国外移送は危険」と主張した。劉氏が海外での治療を希望し、診察した米独両国の医師が今月9日に「適切な医療支援があれば安全に(海外に)移送できる」との見解を示したにもかかわらず、中国当局や病院が出国を認めることはなかった。(from jiji



 文学者の劉氏は、過酷な政治的迫害の象徴として、世界的な注目を集めてきた。1989年の天安門事件で、民主化を求める学生らを支援した。共産党の一党独裁を批判し、何度も投獄された。2008年には、直接選挙の実施や言論の自由の保障など、19項目の要求を盛り込んだ「08憲章」の起草で中心的役割を担った。「国家政権転覆扇動罪」により、懲役11年の判決を受けたのは、中国当局が民主化運動の広がりを強く警戒したからだろう。

 劉氏は10年に、「長年にわたる非暴力的な人権闘争」を評価され、ノーベル平和賞を獄中で受賞した。中国は、「犯罪者」として劉氏の授与式出席を認めなかった。夫人の劉霞さんも軟禁した。看過できないのは、習近平体制下の5年間で、中国の人権状況が一段と悪化したことだ。(from yomiuri



 AFP通信によると、ノーベル平和賞を選考するノルウェーのノーベル賞委員会のレイスアンデルセン委員長は「中国政府は彼の早すぎる死に対して、重い責任を負っている」と批判する声明を発表した。また、レイスアンデルセン委員長は「病状が末期段階に至る前に、劉暁波氏が適切な治療を受けられる施設に移されなかったことに対し、われわれは激しく動揺している」と表明。(from sputniknews


 百度のニュース検索しても劉氏が亡くなられたことは、中国では報道規制されてるみたいですね。残念ながら、こういう国が、、、お隣に今も実際にあるんですよね。日本のテレビも劉氏の特集を組むくらいしてもいいんじゃないかな。心から御冥福をお祈りいたします。。。

★関連ニュース★
黒客攻撃:中国のケーブルテレビ局、一時乗っ取られる!? 天安門事件の映像流れる
提議命名:米ワシントンの中国大使館前を民主活動家の名前を冠した「劉暁波通り」に、米下院委で可決
爆発示威:香港 中国返還15周年で、民主化訴え市民40万人による反政府デモ‎が発生!!
諾貝爾和平奨:リウ・シャオボー(劉暁波)氏不在のまま受賞 ノーベル平和賞関連ニュースあれこれ


[続きを読む...]
 お気に召しましたら ポチッとおねがいネ♪
人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ


テーマ : 中朝韓ニュース - ジャンル : ニュース

政治・経済Comment(0) | Top ▲

爆発衝突:香港で大規模な反中デモ、警官隊が催涙スプレー

2016/11/07 11:30 

161107xianggangchongtu_001.jpg

爆発衝突:香港で大規模な反中デモ、警官隊が催涙スプレー

 香港中心部で6日、民主派の議員や市民らが集まり、反中国派議員2人の就任宣誓無効問題に対して抗議する大規模なデモを行ったというニュースです。

 この日のデモには、宣誓が無効になっている青年新政党の新人議員、游蕙禎議員と梁頌恒議員のほか、司法関係者や各大学の学生会ら約1万3千人(主催者発表)が参加したとのことです。以下関連ニュースの一部抜粋です。。。

 香港の立法会(議会)で香港独立志向の強い「本土派」議員2人の宣誓が認められていない問題で、民主派が6日、中国当局の介入に抗議するデモを行った。デモ隊は、中国の全国人民代表大会(全人代=国会)常務委員会が、この問題で香港基本法の解釈を行う方針を示したことに反発。香港中心部を「香港の法治を守れ」などと訴えて行進した。(from sankei



 香港の立法会では先月、反中国派の新人議員2人が「香港は中国ではない」と書かれた旗を掲げるなどして規定通り宣誓文を読まなかったため、宣誓は無効となっていました。香港政府は2人の議員資格の取り消しを求めて司法審理を申し立てましたが、中国の国会にあたる全人代もこの問題に介入。全人代は早期決着を図るため、7日にも議員資格の有無について判断するとみられています。(from tbs



 夫婦で参加した自営業の男性(59)は「『一国二制度』を中国は守っていない」と訴えた。女子高校生(17)も「香港の三権分立を犯している」と民主主義封殺への危機感をあらわにした。2014年の大規模デモ「雨傘運動」指導者だった黄之鋒氏(20)は「香港の司法の独立を破壊する行為だ」と中国の介入を批判した。

 参加者の一部は中国政府の出先機関である連絡弁公室まで行進。警備に当たる警官隊と衝突し、警察側が催涙スプレーを噴射するなど、現場は混乱した。(from jiji


 中国は政治介入をどんどん強めてますね。香港はどうなってしまうんでしょう。。。  [続き]からはもう少し写真と動画が見られます。。。   >>>>博客村 排行傍  >>>>博客 排行傍

☆追記161108☆
中国、香港独立志向を排除 2議員の資格剥奪へ

中国の全国人民代表大会(全人代、国会に相当)常務委員会は7日、香港立法会で独立を志向する2議員が規定に沿わない方法で就任を宣誓したことに関し、宣誓は無効で議員資格を失うとの判断を示した。香港の自治に介入し、独立志向を徹底的に排除する姿勢を鮮明にした。(from nikkei

★関連ニュース★
再度遊行:香港で1万3千人の大規模デモ行進、道路占拠終結後初めて
遭遇縦火:香港・蘋果日報(Apple Daily、アップルデイリー)本社とオーナー宅に火炎瓶、昨年民主派デモを支援
占据酒店:香港に「占拠ホテル(Occupy Hotel)」がオープン、民主派デモの拠点を再現
全面清障:香港民主派デモ、最後の拠点も撤去完了、デモ鎮圧の切り札は「盗聴」「スパイ」だった


[続きを読む...]
 お気に召しましたら ポチッとおねがいネ♪
人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ


テーマ : ☆香港ニュース☆ - ジャンル : ニュース

政治・経済Comment(0) | Top ▲

 | Blog Top |  Next»»


ブログパーツ