チャーミングで実用的な 『歳時記 中國雑貨』

2007/08/31 22:08 

2007_08_31_歳時記_中國雑貨_01

 「チャーミングで実用的、ユニークでたくましい 雑貨にぎゅっとつまった中国四千年の歴史」  なんて素敵なコピーでしょう。。。 今日はサーチナさんのところで紹介されてた本が、すっごい気になっちゃって、思わず自分のブログでもご紹介ですぅぅぅ (o^-^o) その本の名前は、『歳時記 中國雑貨』 木楽舎 
 まずはサーチナさんのコラムより。。。 「書名に「雑貨」とあるが、モノだけにこだわるのではなく、「包餃子(餃子づくり)」や「乗涼(涼をとる)」など、中国人の生活風景を等身大で伝えることに心を砕いている。フォトエッセイの形式で、著者の原口純子氏、写真撮影の佐渡多真子氏ともに中国での生活が長い。本書の頁をめくれば、両氏が中国のことを「もっと知りたい」「もっとたくさん見たい」と、好奇心と感動する心を失わずに暮らし続けてきたことがよく分かる。面白いことに、扱われる対象は赤系統の派手な色彩のものが多いのだが、写真の雰囲気は常にしっとりと落ち着いている。文章も、ただ「珍しいものがあった」というだけでなく、由来をしっかり調べるなど、知的にも満足させてくれる。そして、あくまでも平易な語り口。読み手の心にスッと溶け込むような文体だ。」
 なんだか、紹介文を読んでるだけで読みたくなってきません????? 
私も中国に興味を持ち出した頃は、島尾伸三・潮田登久子ご夫婦のフォトエッセイなんかをよく読んでたけど、最近は、すっかり中国のびっくりニュースや中国株の情報ばかり気になっちゃって、ちょっとダメだなあ~って(反省)。。。ふと純粋だったあの頃(笑)を思い出してしまいましたァ~~~(*ノ▽ノ)  ⇒ FC2 排行傍  ⇒ 部落格 排行傍

歳時記中國雑貨歳時記中國雑貨
原口 純子 佐渡 多真子

木楽舎 2007-08
売り上げランキング : 8667
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 お気に召しましたら ポチッとおねがいネ♪
人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ


テーマ : 紹介したい本 - ジャンル : 本・雑誌

本・アニメComment(2)Trackback(0) | Top ▲

超豪華ホテル「ベネチアン・マカオ」がオープン!!

2007/08/30 20:45 

2007_08_30_weinisiren_02

2007_08_30_weinisiren_01

2007_08_30_weinisiren_03

2007_08_30_weinisiren_04

 新華社マカオ:リゾートホテル「澳門威尼斯人度假村酒店(ベネチアン・マカオ)」が、8月28日に正式開業した。同名のラスベガスの有名ホテルが、マカオにやって来た。サンマルコ広場・総督府・時計塔に加え、130メートルの運河が、ホテルの敷地内に再現されている。(from livedoor News)     さらに!! その驚くべき中身の詳細は・・・
 3000室のスイートルーム。10万8000m2のイベント&コンベンション施設。国際級のイベント開催可能なアリーナ。世界的なラグジュアリーブランドなど350ものショップやレストランが入るショッピングアーケード。そして巨大カジノ…。
 マカオはこの数年で大きく変貌していた。中国はこの地を世界的なリゾート地にするべく大開発を実施。例えば、マカオを構成する2つの島の間の海、東京ドーム100個分を埋め立ててしまった。そしてラスベガス資本を中心として、世界中から投資が殺到、投資金額は数兆円にもなっていた。ベネチアン・マカオは、前述した埋め立て地にできるが、驚くべきはそのスケールだけではない。今後、シェラトン、シャングリラ、ヒルトンなど世界の5つ星ホテルなんと9社が、このベネチアンをぐるりと取り囲むという。このエリアだけで、2万室のホテルが新たに建設されるというのだ。これはマカオのとんでもない潜在力に世界が“賭けた”証し。関空からは初の定期便もスタート。この沸騰ぶり、体感の価値ありかも。(from R25.jp)  ラスベガスまではちょっと~って思うけど、日本から4時間ほどのマカオだったら…ちょっと行ってみたいと思いません????? ⇒ FC2 排行傍  ⇒ 部落格 排行傍

★The Venetian Macao-Resort-Hotel(日本語版HP)
http://www.venetianmacao.com/jp/home.aspx

 お気に召しましたら ポチッとおねがいネ♪
人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ


テーマ : 中朝韓ニュース - ジャンル : ニュース

旅行Comment(2)Trackback(0) | Top ▲

 | Blog Top |  Next»»


ブログパーツ