北京市衛生局 「禁痰日」設立へ -北京-

2008/02/29 18:22 

2008_02_29_jintan

北京市衛生局 「禁痰日」設立へ -北京-

 28日に行われた「健康オリンピック、健康北京」の推進会議によると、北京市は年内に「禁痰日」(たん吐き禁止デー)を設ける方針だ。「京華時報」が伝えた。市衛生局の担当者によると、春季は呼吸器の感染症が多く、たん吐き行為が特に頻発する時期。北京市は年内に禁痰日を設け、衛生的な生活方式を提唱し、一部市民のたん吐きの悪習を根絶していく方針だ。具体的な期日や内容は現在検討中。( (from 人民網 網易)  これはいいですねェ~ でも、できれば罰則をつけるなりかなり厳しくしないと根絶はむずかしいかな。。。 あと、オリンピックのためだけじゃなくてねェ~ (*^-^)  ・・・>博客村 排行傍  ・・・> 博客 排行傍

★関連ニュース★
「カー、ペッ」防止、北京「禁たん日」上海「バナナ」で

 お気に召しましたら ポチッとおねがいネ♪
人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ


テーマ : 中朝韓ニュース - ジャンル : ニュース

一般・社会Comment(2)Trackback(0) | Top ▲

中国当局が「一人っ子政策」廃止を検討中

2008/02/29 18:20 

2008_02_29_yinger

中国当局が「一人っ子政策」廃止を検討中

 中国国家人口計画出産委員会の趙白鴿・副主任は28日、「一人っ子政策」の廃止を検討していることを明らかにした。ただ、人口抑制策そのものを廃止する考えはないとしている。世界最大の人口を抱える中国では、1970年代に「一人っ子政策」を導入。規則は地域ごとに異なるものの、通常は1家族に付き子ども1人、地方部では同2人に制限されている。同副主任は北京で記者団に対し「これを段階的に変更していきたい。時期や方法は答えられないが、政策決定者にとって大きな課題になっている」と述べた。1人の女性が一生に生む子どもの数を示す合計特殊出生率で見ると、中国は1970年代の5.8から現在1.8まで低下している。一方、同国メディアは昨年12月、向こう5年で出生率が急上昇するとみられ、2033年には人口が15億人に達する見通しだと報じていた。(from REUTERS中金在線
 人口15億人ってすごすぎますねェ~ うまくやらないと大変なことに・・・ 食糧問題とか環境問題とかいろいろ問題が。。。 ( ̄ヘ ̄;)  ・・・>博客村 排行傍  ・・・> 博客 排行傍

★追記<08.03.06>★
 5日、中国新聞社によれば、中国の計画出産政策に調整が行われるのではないかと一部メディアで報道されたが、国家計画出産委員会の張維慶(ジャン・ウェイチン)主任は現行の「一人っ子政策」が今後も継続されることを明らかにした。中国新聞網が伝えた。(from Record China北青網

 お気に召しましたら ポチッとおねがいネ♪
人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ


テーマ : 中朝韓ニュース - ジャンル : ニュース

一般・社会Comment(2)Trackback(0) | Top ▲

 | Blog Top |  Next»»


ブログパーツ