北京五輪 開会式関連・気になったニュースいろいろ

2008/08/09 21:33 

2008_08_08_aoyun_kaimushi_001

打ち上げ花火は過去最多の12万発でギネス更新

 8日午後8時(現地時間)、北京の夜空を彩る鮮やかな花火ともに、第29回夏季オリンピック北京大会が華々しく開幕した。開会式で打ち上げられた花火は12万発余り。過去28回のオリンピックで打ち上げられた総数の4倍に達し、ギネス世界記録を更新した。
 開閉会式の花火演出を担当するのは、「花火の里」として知られる湖南省長沙市の管轄市、瀏陽市の花炮(花火・爆竹)局。同局の徐強国(シュー・チアングオ)局長によると、打ち上げ数だけでなく、その範囲の広さもギネス世界記録を更新したという。打ち上げ地点は国家体育場(愛称「鳥の巣」)から万里の頂上に至る市内約100平方キロメートルの範囲に設けられた。また、同局は今回のために世界の最高技術を集約したという。(from Record China

日本選手団は日中両国旗を手に入場

 中国新聞社は北京五輪開会式入場行進についての評論を掲載、日中両国の国旗を手に入場した日本選手団を高く評価した。従来のアルファベット順ではなく漢字の画数順の入場となった北京五輪開会式では、日本は23番目の入場となった。中国でも「瓷娃娃(陶器の人形)」との愛称で知られ人気が高い福原愛選手を旗手に23人の選手団が堂々たる行進を見せた。選手たちの両手には日中両国の国旗が握られていたが、近年高まる日中友好ムードを象徴するものとして中国人に強い印象を与えたようだ。(from Record China

開会式で570人以上が熱中症に

 国家体育場「鳥の巣」医療チームは開会式で観客、パフォーマー、ボランティア、スタッフなど570人以上が熱中症にかかり治療を受けたことを発表した。開会式当日、北京は気温、温度共に高く熱中症が起こりやすい状態だったという。しかし幸いにも重傷者は少なく、病院へと転送されたのは20人余りにとどまった。(from Record China

中国気象当局は「消雨弾」を1000発以上発射していた

 北京五輪開会式が行われた8日夜、入場行進などのセレモニーが行われている時間帯の晴天を確保するため、中国の気象当局が1000発以上の「人工消雨ロケット弾」を発射していたことが9日、明らかになった。「中国では史上最大規模の『人工消雨作戦』で、この種の技術を用いて開会式の晴天を確保したのは五輪史上初」としている。
 中国紙・京華時報(電子版)によると、人工消雨作戦が始まったのは開会式の開始2時間前の8日午後6時ごろ。北京市内全域で夜にかけて雷雨となるとの予報が発表されたため、北京市気象局がロケット弾を雨雲に向けて発射するなどの作業を実施したという。その結果、開会式が終了する深夜までに、懸念されていた雨は降らず、空中で聖火に点火するパフォーマンスなども予定通りに実施された。
 人工消雨は、液体窒素などを積んだロケット弾を近付く雨雲に打ち込み、事前に雨を降らせる仕組み。市気象局は、リハーサルを6、7月の2か月間で行っていた。(from YOMIURI ONLINE

 とうとう始まりましたねェ~ 昨日は無事に終わってホントにホッとしましたァ。。。それにしても、幻想的な演出でしたァ (*^.^*) ちょっと、ウルサイ音楽が好きな私なんかには静かで大人しすぎる印象も受けましたが。。。あと、テーマ曲もジェイの曲じゃなかったしィィィ (。>0<。) でも、聖火の点火もうまくいってホント良かったですねェ~ [続き]からは開会式の写真がいろいろ見れますよォ~☆ ちょっと気になった赤い服の女の子の写真も (o^-^o)  ・・・>博客村 排行傍  ・・・> 博客 排行傍

★関連ニュース★
北京五輪開会式の赤い服の美少女 林妙可ちゃん


[続きを読む...]

テーマ : 中朝韓ニュース - ジャンル : ニュース

一般・社会Comment(4)Trackback(0) | Top ▲

 | Blog Top | 


ブログパーツ