北京五輪 「障害走の英雄」劉翔選手が故障で棄権

2008/08/18 19:01 

080818_liuxiang_001

北京五輪 「障害走の英雄」劉翔選手が故障で棄権

 18日に行われた北京五輪男子110m障害1次予選で、中国人陸上ハードルの旗手・劉翔(リウ・シアン)選手が、競技を途中棄権した。劉選手は「アジアの昇り龍」とも呼ばれ、陸上競技が弱点のアジア人としては珍しく、金メダルへの期待を背負うアスリート。劉翔選手は競技開始後、4番目のハードルで転倒。レース終了後、足を引きずっており、右足を負傷したものと思われる。
 同選手は、アフリカ系のスプリンターが居並ぶ陸上トラック種目にアジア人として食い込む稀有な存在で、アテネ五輪陸上男子110m障害の金メダリスト。06年7月には、ローザンヌ国際大会の110mハードルで12秒88の世界新をマークして優勝、07年の世界陸上選手権110mハードルでも優勝しており、優勝への布石は整っていたと思われた。
 その一方、新華社は16日までに、同選手の五輪連覇を「失敗に終わる確率が成功する確率を上回っている」と報道した。劉選手は5月下旬の米国遠征で右太ももを痛めており、大会直前の6月には、キューバのダイロン・ロブレス選手に自身の持つ世界記録を破られていた。同記事では、負傷を「潜在性の肉離れで完治は難しい」としている。(from Record Chinace.cn

中国のインターネットの掲示板には書き込みが殺到

 中国のインターネットの掲示板には書き込みが殺到している。同選手を非難する意見が目立つ。まさかの棄権に、大手ポータルサイトの新浪網が設けた掲示板には、日本時間午後0時50分に行なわれた試合から約2時間で、4万件近い書き込みが殺到した。書き込みは◆失望を表明◆敗因を分析◆劉翔選手へのいたわり◆同選手への非難◆非難意見を非難――などに大別できる。
 現在のところ目立つのは、劉翔選手に対する非難だ。まずレース途中で棄権したことに対して、「這ってでもゴールまでいくべきだった」、「110メートルは、そんなに遠いのか」などとする意見がある。また、国民的選手の雄姿を強調する広告出演が多く、試合前にも好調が伝えられていたことから、「だまされた」、「広告に出た製品は2度と買わない」、「広告に出すぎて疲れた」などの書き込みが相次いだ。
 一方、感情的な非難をたしなめる書き込みでは「4年前(のアテネ五輪の優勝で)、驚きと感動をもらったことを考えてから書き込め」、「ソファーに座って観戦していて負傷することはないだろう。国の栄誉を担ったことも、競技で失敗した経験もない」、「劉翔選手は負けていない。足のけがは治る。負けたのは非難する君らだ。君らは人間性を失っているからだ」といった意見がある。(from searchina.ne.jp

 バスケットの姚明選手と並んで、「北京オリンピック」開催の象徴的存在だっただけに、中国の人たちの落胆は相当に大きかったんだろうなァ。。。英雄という意味で日本の北島選手と比較されてた記事もあったしぃ。。。 [続き]から劉翔選手の今日の様子が見れますぅ。。。  ・・・>博客村 排行傍  ・・・> 博客 排行傍

★関連ニュース★
劉翔、右アキレスけん痛で棄権=苦渋の決断「どうしようもなかった」
陸上男子110m障害で波乱、地元期待の劉翔が棄権


[続きを読む...]

テーマ : 中朝韓ニュース - ジャンル : ニュース

スポーツComment(2)Trackback(0) | Top ▲

 | Blog Top | 


ブログパーツ