北京四中の劉長銘校長 ブログで日本の国民性を称賛

2008/11/16 11:28 

081116_beijingsizhongxiaozhang_01

北京四中の劉長銘校長 ブログで日本の国民性を称賛

 北京でも有数の進学校といわれている高校の校長先生が、日本の国民性を称賛する記事をブログに書いて話題になっているというニュースです。
 記事を書いたのは北京第四中学(日本でいうところの高校)の劉長銘校長。今年の5月、400名の生徒と修学旅行で日本に訪れた時の感想として書かれたものです。
 ちなみに劉長銘校長は、私もたまたま持っていた「従北京四中到北大清華」という本で知りましたが、独自の教育方針で実績のある有名な先生のようです。「人生成功路、始於学做人(人生の成功の道は、人としての道理を学ぶことから始めること)」だそうです。以下その関連ニュースの抜粋です。。。

 今年5月、修学旅行で日本を訪問した北京市第四中学(高校)の劉長銘校長が細かい気配りをする日本人の国民性を称賛、「中国は日本から学ぶべきだ」とする評論を11日、ブログに発表、共感が広がっている。

 北京でトップクラスの進学校として知られる同校は初めて修学旅行先に日本を選び、高2の約400人が東京や長崎などを見学。日本から中国への修学旅行は多いが、中国からは極めて珍しい。

 校長は日本人と接触し「中国人にはない、細部に見られる特質」を感じたとした上で「自律的で社会に迷惑をかけない」ことを原則とする気配りの国民性に「敬服せざるを得ない」と称賛。女性トイレに消音と節水のために設置されている排水擬音装置も「細やかさ」の一例に挙げた。

 「日本人が中国人より頭が良いとは思わない」とした上で、物質的に豊かになった中国では、有害物質メラミンを意図的に混入させた汚染粉ミルク事件が起きるなど依然モラルが低いと憂慮。

 両国間には日中戦争などの歴史的経緯があり、訪日には対日理解を通じて「恨みを取り去る」目的があったが、国民性の落差を認めざるを得ず、逆に「どうしようもない」という「(自分に対する)新たな恨み心」すら生まれたと複雑な心境を吐露した。(from 47NEWS


 “複雑な心境”っていうのは本音だと思います。でもこういう本音を発信する人がもっと増えればいいなと思いました。ちなみに私が見たかぎり、ブログのコメント欄はすべて賛同する意見でした。。。  >>>>博客村 排行傍  >>>>博客 排行傍

☆挙青春之力,謀世界和平_刘長銘的博客_新浪博客
 劉長銘校長のブログ 該当記事のページ
http://blog.sina.com.cn/s/blog_5c937fb10100b9yv.html


テーマ : 中朝韓ニュース - ジャンル : ニュース

一般・社会Comment(4)Trackback(0) | Top ▲

 | Blog Top | 


ブログパーツ