母愛-地震:第5回国際ニュース写真コンテスト(華賽)が開催 -上海市-

2009/03/26 20:00 

090326_huasai_001

母愛-地震:第5回国際ニュース写真コンテスト
(華賽)が開催 -上海市-

 第5回国際ニュース写真コンテスト(華賽)が25日、上海において開催されたというニュースですぅ☆ 以下CCTV.comの記事の抜粋(直訳)です。。。 (上の写真は第5回国際ニュース写真コンテストの様子です。)

 第5回国際ニュース写真コンテスト(華賽)が25日、上海松江新城において開催された。2008年度ニュース写真賞は中国人カメラマン鄒森(ゾウ・セン)氏が汶川地震において救援隊により土の中から掘り起こされた犠牲者の母娘を撮影した「母愛-地震」が受賞した。

 2005年から始まり今回で5回目となった中国ニュース写真学会主催の同コンテスト(華賽)は、世界のニュース写真コンテストの中でも新しいブランドとして評価が上がっている。今回のコンテストでは世界5大陸、70ヶ国以上の国と地域から3100名以上のカメラマンが参加し、3万点近い作品が集まった。そして、世界8ヶ国の13名のニュース写真専門家からなる評議員会が8テーマ16種類の金、銀、銅賞と優秀賞を選出した。(from CCTV.com


 金賞を受賞した写真しか見てませんが、色々考えさせられました。。。 [続き]からはその今回、金賞を受賞した写真が見れますぅ。 尚、一部不快に感じられる方もいらっしゃるかもしれませんので、見られる方はくれぐれもご注意の程お願いいたします<(_ _)>  >>>>博客村 排行傍  >>>>博客 排行傍

☆国際新聞撮影比賽(華賽)☆
http://www.chipp.cn/


[続きを読む...]

テーマ : 中朝韓ニュース - ジャンル : ニュース

学芸・科学Comment(0) | Top ▲

校服展示秀:中国建国60年来の小中学校の制服展示ショー開催 -長沙市-

2009/03/26 01:30 

090325_xiaofu_001

校服展示秀:中国建国60年来の
小中学校の制服展示ショー開催 -長沙市-

 先日、ある女の子が毛沢東像に登って話題になった湖南省長沙のテーマパーク「世界の窓(世界之窗)」で、このほど中国60年来の中小学生の“制服展示ショー”が開催されたというニュースですぅ☆

 以下網易の記事の抜粋です。。。 (上の写真は長沙世界の窓で行われた「制服展示ショー」の様子です。)

 25日、「長沙世界の窓(長沙世界之窗)」が新中国成立60年来の中小学生の“制服展示ショー”を開催した。「長沙世界の窓」を訪れた多くの観光客は子供の頃の記憶を呼び起こされていた。3月25日、三湘都市報が伝えた。

 “労働者ファッション”が大流行した50年代は、学生ファッションもその影響を受け、白のワイシャツ、紺色スカート、紺色パンツなどの学生ファッションも“労働者ファッション”と呼ばれた。

 60年代から70年代中期は、「中国の子供たちは奇しき志が多く、綺麗な服装は愛さず武装を愛する(中華兒女多奇志,不愛紅装愛武装)」という言葉も生まれ、この時期は軍服に似た緑色の制服が学生たちから好まれ、学生の主流ファッションとなった。

 80年代の制服は白のワイシャツとセーラー服に代表され、90年代はゆったりとしたスポーツファッションが制服の主流となった。21世紀になると制服も精巧で多様なものとなり、スタイルも一つではなくなった。紹介によると、これらの制服は「長沙世界の窓」が多くの労力を注いで民間から収集して模造したもので、すべての選ばれた制服は各時代の主流ファッションを代表していた。(from 網易


 [続き]からは各時代別の制服の写真が見れるんだけど、60年代70年代ってホントにこういう制服だったの??? ちょっとあらためてびっくりしてしまいましたァ。。。  >>>>博客村 排行傍  >>>>博客 排行傍

★関連ニュース★
海選校服:学校の制服を決める「ファッションショー」が開催 -南寧市-
網友怒斥:毛沢東像に登って写真を撮った女性がネットで非難ごうごう


[続きを読む...]

テーマ : 中朝韓ニュース - ジャンル : ニュース

ファッションComment(0) | Top ▲

 | Blog Top | 


ブログパーツ