顔値満満:まるで僧侶の持つ仏具「如意」のような歩道橋 -四川省成都市-

2018/02/08 11:30 

180208tianqiao_001.jpg

顔値満満:まるで僧侶の持つ仏具「如意」のような歩道橋 -四川省成都市-

 中国は成都市高新区にある歩道橋がこのほど、まるで僧侶の持つ仏具のひとつ「如意」のような形状だと話題になっているニュースです☆ 以下鳳凰網の記事(抄訳)から。。。

  成都市高新区天府二街にある新設の歩道橋が異彩を放っている。デザインが独特で、空からの俯瞰で見ると、まるで「如意」のよう形状である。

 調べによると、この歩道橋は全長331メートル、メインとなる橋の長さは213メートル、幅5メートル。これは成都市高新区がすすめている“一橋一景”プロジェクトの一つで、緑道、公園との一体化により市民の利便性向上を図っているのだという。(from 鳳凰網


 ちなみに、「如意」って中国では“万事如意(何事も思いどおりになる)”という四字熟語もあって、縁起がいい言葉だと思ってたんだけど、元々は「孫の手」のように背中をかく道具だったんですね。今回、初めて知りました(;^_^A   [続き]からはもう少し写真が見られますよォ~☆   >>>>博客村 排行傍  >>>>博客 排行傍

☆如意☆
僧侶の持つ仏具の一つで,一種の棒。「思いのままになる」という意味がある。『四分律』にすでにみえ,元来は「孫の手」のようなもので,背中をかくなどのために用いた。(from コトバンク

★関連ニュース★
中国で最も美しい歩道橋 - 深セン -
中国一幕 0005:3Dカラー横断歩道(ゼブラゾーン) -湖南省長沙市-
最牛道路:史上最もすごい横断歩道(ゼブラゾーン) -河南省鄭州市-
天使之吻:少女の「キス」が自殺未遂を図ろうとした少年を救った!! -深圳市-


[続きを読む...]

テーマ : 中朝韓ニュース - ジャンル : ニュース

一般・社会Comment(0) | Top ▲

 | Blog Top | 


ブログパーツ