危険近逼:中国艦船が南シナ海で米軍艦船に異常接近、米軍が写真公開

2018/10/05 09:00 

181004weixianjinbi_001.jpg

危険近逼:中国艦船が南シナ海で米軍艦船に異常接近、米軍が写真公開

 先月30日、南シナ海のスプラトリー(南沙)諸島のガベン礁付近で、中国軍駆逐艦が米海軍駆逐艦に異常接近した問題で、このほど、米軍が空中写真(上記参照)を公開したというニュースです。以下関連記事の一部抜粋です。。。

 米海軍によると、両船の距離は40メートルまで迫ったという。米海軍は10月2日、最接近時の写真を公開した。外国政策専門家で専門誌「ザ・ディプロマット(The Diplomat)」の上級編集員アンキト・パンダ(Ankit Panda)氏は、中国船の行為は「南シナ海における合法的海軍の航行を妨げる、最も危険で直接的な行為」と書いている。

 中国側の主張によれば、南シナ海では自国の海域の防衛活動を強化しているとして、米軍の行為は「平和と安全を脅かす」と批判した。一方米国は、国際裁判所が認めていない中国の主張を拒否し、米艦船の航行は国際ルールに基づいているとしている。(from epochtimes



 写真で見ると、蘭州級の中国駆逐艦は背後から米誘導ミサイル駆逐艦「ディケーター」に近寄り、左舷側に並走するように接近。この状況では海軍関連活動の国際法に照らした場合、ディケーターに航行の優先権があり、同時に方角と速度を維持する義務が生じる。

 一方、中国駆逐艦は安全な距離を保ち、米軍艦船のそばを航行する責務を担う。しかし、今回はディケーターに接近した際、右方へ唐突にかじを切り、ディケーターの艦首の方向に割り込むような行動を示したという。(from cnn



 アメリカのペンス副大統領は、南シナ海で海洋進出を強める中国に対し、「われわれは怖気づくことはない」と述べ、断固対抗する姿勢を示した。ペンス副大統領は4日、ワシントンで演説し、中国が沖縄・尖閣諸島周辺で監視活動を常態化させているとして、「尖閣諸島は日本の施政権下にある」と強調した。(from fnn


 写真で見ると、ホントにあわや衝突だったみたいですね。。。怖い。それにしても、日本も尖閣諸島のこともあるし、この問題はワイドショーでももっと取り上げて欲しいですね。。。    [続き]からはもう少し写真が見られます。。。   >>>>博客村 排行傍  >>>>博客 排行傍

★関連ニュース★
進入南沙:米海軍・イージス駆逐艦、中国が領海主張の南シナ海海域を航行、中国は猛反発
美欲派軍:米、東南アジア関係国に「艦艇を派遣」と伝達、習近平主席「南シナ海は昔から中国の領土」
美方抗議:中国軍戦闘機が米軍機に異常接近、米「憂慮すべき挑発行為」
南海対峙:米イージス巡洋艦、中国艦船に妨害され衝突寸前、緊急回避 -南シナ海-


[続きを読む...]

テーマ : 中朝韓ニュース - ジャンル : ニュース

政治・経済Comment(0) | Top ▲

 | Blog Top | 


ブログパーツ