スポンサーサイト

--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

網絡解禁:「上海自由貿易区」、フェイスブックやツイッターが解禁へ

2013/09/26 12:30 

130926ziyoumaoyiqu_001.jpg

網絡解禁:「上海自由貿易区」
フェイスブックやツイッターが解禁へ

 中国政府が、上海市浦東新区内に新設予定の「自由貿易区」にかぎり、フェイスブックやツイッターなどこれまでアクセスできなかったサイトを解禁する方針を決めたというニュースです☆ 以下関連ニュースの一部抜粋です。。。

 自由貿易区では経済振興策の一環として、人民元の自由交換や金利の自由化、外国直接投資規制や課税規制の改革などを行い、国内外の企業を誘致する。上海市では8月に国の認可が下りており、まもなく浦東新区内に設立される予定という。この自由貿易区の面積は約28平方キロメートル。当初の計画が成功すれば、数年後には対象を浦東全域に広げ、区域面積は約1210平方キロメートルになる。

 中国本土では2009年からフェイスブックとツイッターへのアクセスが禁止されている。また温家宝前首相一族の不正蓄財疑惑を昨年報道したニューヨーク・タイムズも最近になって電子版へのアクセスが禁止された。特別行政区の香港を経由して中国本土向けサービスを行っているグーグルについても、検索サービスと電子メールサービスが時折利用できなくなるという。

 中国政府は、外国企業によるネットサービスが中東で起きたような大規模な政治運動につながることを恐れ、「ゴールデンシールド」と名付けたプロジェクト(いわゆる万里のファイアウォール)でインターネットのアクセス制限を行っている。(from jbpress



 上海自由貿易区は金融、サービス業自由化の試験区として、今月29日に正式に開設される。区内での試験が成功すれば、一部の規制緩和策などは他の地域にも適用される可能性がある。

 中国では現在、「インターネット版万里の長城」とも呼ばれる政府の検閲システムにより、ネットへのアクセスが大幅に制限されている。フェイスブックは2009年、新疆ウイグル自治区のウルムチ市で発生した大規模な騒乱以降、アクセスが禁止された。11年に北アフリカと中東で広がった民主化運動「アラブの春」でツイッターが盛んに使われたことを受け、中国政府はソーシャルメディアの規制にさらに力を入れてきた。(from cnn


 地図で見るかぎり、すごく狭い範囲なんだけれど、それでも中国のネット状況が変わっていけばいいですね。。。 [続き]からは関連写真が見られますよォ~☆   >>>>博客村 排行傍  >>>>博客 排行傍

★関連ニュース★
網濾軟件:中国内販売のパソコン、7月から検閲ソフト「グリーン・ダム」義務化へ
中国の「動画サイト」規制強化 25サイトが閉鎖へ


130926ziyoumaoyiqu_002.jpg
上海自由貿易区の予定地域
(赤色部分:外高橋保税物流園区、外高橋保税区、浦東機場総合保税区、洋山保税港区)

130926ziyoumaoyiqu_003.jpg
上海自由貿易区の予定地域
(赤紫色部分:外高橋保税物流園区、外高橋保税区、浦東機場総合保税区、洋山保税港区)

ネット大国中国――言論をめぐる攻防 (岩波新書)ネット大国中国――言論をめぐる攻防 (岩波新書)
遠藤 誉

岩波書店 2011-04-21
売り上げランキング : 127218

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連記事

 お気に召しましたら ポチッとおねがいネ♪
人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ


テーマ : 中朝韓ニュース - ジャンル : ニュース

一般・社会Comment(0) | Top ▲

コメント

Top ▲


コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ