スポンサーサイト

--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

登月之旅:中国、月探査機「嫦娥3号」の打ち上げに成功、12月中旬に着陸目指す

2013/12/02 10:30 

131202changesanhao_001.jpg

登月之旅:中国、月探査機「嫦娥3号」の打ち上げに成功
12月中旬に着陸目指す

 中国が2日午前1時半(日本時間同2時半)、無人月面探査車「玉兎号」を搭載した月探査機「嫦娥3号」の打ち上げに成功したというニュースです☆

 12月中旬に月面軟着陸を目指し、月の地質構造やウランなど、利用可能な資源の調査をするとのこと。中国メディアは、着陸に成功すれば米国、旧ソ連に続き3ヶ国目と伝えています。 以下関連ニュースの一部抜粋です。。。

 嫦娥3号はまず月面の地形を調べ、安全な場所を選んでから着陸する性能を備える。着陸候補地には「虹の入江」と呼ばれるクレーターが挙がっている。

 着陸後は6輪駆動の探査車「玉兎」を放出。少なくとも3カ月にわたって月面を移動しながら、4台のカメラや2本のロボットアームを使って月面の掘削調査などを行う。玉兎は一般公募で選ばれた名称で、中国の伝説に登場する月の仙女、嫦娥のペットの白ウサギの名に由来する。

 一方、米航空宇宙局(NASA)は、嫦娥3号の着陸によって月面にちりが吹き上がり、NASAが先に送り込んだ月探査機「LADEE」が実施中のちり環境探査に干渉する恐れもあると懸念している。(from cnn



 中国は宇宙開発を加速させており、2020年ごろには独自の宇宙ステーションを建設、25年ごろまでの有人月面着陸も目指している。急速な経済発展とともに、科学技術の進歩を象徴する宇宙開発でも米国に追い付き、国力の増大を誇示する姿勢だ。習近平政権にとって、求心力を高める狙いもある。(from jiji


 中国は朝から盛り上がってますね~ “太陰暦”が生活規範になってる中国の人にとっては、中秋節や月餅、詠月詩と同じように、月への熱い想いは自然なのかな^^  [続き]からはもう少し写真が見られますよォ~☆   >>>>博客村 排行傍  >>>>博客 排行傍

★関連ニュース★
月球探測:中国が月探査衛星「嫦娥3号」を12月上旬に打ち上げ、月面へ軟着陸計画
中国初の月探査衛星「嫦娥1号」、ロケット残骸が落下
中国初の月探査衛星「嫦娥1号」打ち上げ成功!!


131202changesanhao_002.jpg
131202changesanhao_003.jpg
131202changesanhao_004.jpg
131202changesanhao_005.jpg
打ち上げに成功した月探査機「嫦娥3号」を搭載したロケット

科学技術大国 中国 - 有人宇宙飛行から、原子力、iPS細胞まで (中公新書)科学技術大国 中国 - 有人宇宙飛行から、原子力、iPS細胞まで (中公新書)
林 幸秀

中央公論新社 2013-07-24

おすすめ平均
stars中国の現状や方向が丸わかり
stars中国ハイテクの真の実力はこれだ
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連記事

 お気に召しましたら ポチッとおねがいネ♪
人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ


テーマ : 中朝韓ニュース - ジャンル : ニュース

学芸・科学Comment(0) | Top ▲

コメント

Top ▲


コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ