スポンサーサイト

--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

擅自発送:中国検索最大手「百度」製の日本語入力ソフト「Baidu IME」「Simeji」、入力情報を無断送信

2013/12/26 10:30 

131226baidu_01.jpg

擅自発送:中国検索最大手「百度」製の日本語入力ソフト
「Baidu IME」「Simeji」、入力情報を無断送信

 中国最大手の検索サイト「百度(バイドゥ)」製の日本語入力ソフト「Baidu IME(バイドゥ・アイエムイー)」、スマートフォン向けに提供している「Simeji(シメジ)」が、パソコン入力したほぼ全ての情報を利用者に無断で外部に送信していたことが分かったというニュースです。

 セキュリティー会社の話によると、機密情報が漏えいするおそれもあるとして、利用には注意が必要とのことです。 以下関連ニュースの一部抜粋です。。。

 アメリカのグーグルに次いで世界2位の検索サイト、中国の「百度」は、4年前から「Baidu IME(バイドゥ・アイエムイー)」という日本語の入力ソフトを無償で提供していて、おととしまでに180万回ダウンロードされるなど、利用が広がっています。

 このソフトは、初期設定ではパソコンの情報を外部に送信しないと表示していますが、セキュリティー会社のネットエージェントなどが分析したところ、実際には国内にある百度のサーバーに情報を送信していることが分かりました。送っている内容は、利用者がパソコンで打ち込んだほぼすべての情報と、パソコン固有のID、メールや文書作成ソフトなど利用しているソフトの名前です。

 また、百度がスマートフォン向けに提供している「Simeji(シメジ)」という人気の日本語入力ソフトも、情報の送信を行っていることが確認されました。こうした入力ソフトは、グーグルや日本のジャストシステムなども提供していますが、情報を外部に送るのは利用者が許可した場合だけで、具体的な内容は分からないようにしています。(from nhk



 内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)や文部科学省は、中央省庁や大学、研究機関など約140機関に使用停止を呼びかけた。読売新聞の調査では外務省のほか、東京大など少なくとも12大学の一部パソコンで導入されていることが判明。NISCは「重要情報漏えいの可能性は否定できない」としている。

 今月中旬、IT企業の調査で、初期設定のまま使用すると、パソコン上で打ち込んだメールや検索の単語、文書編集ソフトで作成した文書など、全ての文字列が自動的に同社のサーバーに送信されていることが判明。各パソコンからサーバーに情報を集め、変換精度を向上させる「クラウド変換」を行うためとみられるが、利用規約などで説明はない。(from yomiuri


 これは、とんでもないことですね。まるでパソコンのウイルスみたい。利用規約などで説明がなかったって、これって罪とかにならないんでしょうか。。。  >>>>博客村 排行傍  >>>>博客 排行傍

ネット大国中国――言論をめぐる攻防 (岩波新書)ネット大国中国――言論をめぐる攻防 (岩波新書)
遠藤 誉

岩波書店 2011-04-21

おすすめ平均
stars中国のネット規制
stars言論をめぐる攻防の主戦場がネットにあるという中国の現状がよくわかる
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連記事

 お気に召しましたら ポチッとおねがいネ♪
人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ


テーマ : 気になったニュース - ジャンル : ニュース

一般・社会Comment(0) | Top ▲

コメント

Top ▲


コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ