遇襲事件:香港紙「明報」元編集長、ケルビン・ラウ(劉進図)氏が暴漢に襲われ重体

2014/02/27 13:00 

140227liujintu_002.jpg

遇襲事件:香港紙「明報」元編集長
ケルビン・ラウ(劉進図)氏が暴漢に襲われ重体

 香港紙「明報(Ming Pao Daily News)」で先月まで編集長を務めていたケルビン・ラウ(劉進図、Kelvin Lau)氏が26日午前、香港でマスク姿の男に突然刃物で襲われ重傷を負ったというニュースです。 以下関連ニュースの一部抜粋です。。。

 香港の民主派寄りの日刊紙、明報の編集長を更迭された劉進図氏が二十六日、香港の繁華街で、暴漢に背中などを刃物で三回切りつけられる事件があった。劉氏は病院に運ばれたが重体。

 香港からの報道によると、香港島北東の繁華街の休息所で、バイクに乗って劉氏に近づいた二人のうち一人が、劉氏の背後から襲いかかり、再びバイクに乗って逃走した。背後関係は分かっていない。(from TOKYO Web


 
 明報は、民主派寄りで中国政府に批判的とみられるテレビ局の申請が却下された問題で、香港政府に批判的な報道を続けていた。1月に劉氏の退任人事が発表され、同紙の記者らは何らかの政治的圧力を受けた更迭人事とみて、強く反発していた。(from mainichi



 劉氏の編集長交代をめぐっては、香港政府批判の報道に対する更迭人事との見方が拡大し、編集部員らが反発。23日には報道の自由を求め、香港中心部で大規模なデモ行進が行われるなど関心が高まっていた。事件の背景は不明。明報は、暴力を強く非難する声明を発表した。(from sankei


 事件の背後関係まで明らかにされるのか、今の香港にはちょっと期待できないんだけれど、ケルビン氏の命に別状がなかったことは、不幸中の幸いだったと思います。。。 >>>>博客村 排行傍  >>>>博客 排行傍

★関連ニュース★
遊行活動:香港で6千人の「大規模デモ」、言論の自由を訴え
常設展覧:「天安門事件」をテーマにした記念館「六四記念館」、2014年4月オープン -香港-
厳格控制:中国で新聞記者25万人に対して「反日研修」、対日強硬方針を徹底
政協委員:ジャッキー・チェン(成龍)が中国の国政助言機関「人民政治協商会議」の委員に選出!!


140227liujintu_003.jpg
容疑者が使用したと思われるバイク

140227liujintu_01.jpg
ケルビン・ラウ(劉進図、Kelvin Lau)氏

中国返還後の香港 -「小さな冷戦」と一国二制度の展開-中国返還後の香港 -「小さな冷戦」と一国二制度の展開-
倉田 徹

名古屋大学出版会 2009-10-20

おすすめ平均
stars金紫荊は五星紅旗の下で咲き続けるか?
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連記事

 お気に召しましたら ポチッとおねがいネ♪
人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ


テーマ : 中朝韓ニュース - ジャンル : ニュース

政治・経済Comment(0) | Top ▲

コメント

Top ▲


コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 


ブログパーツ