連接阻断:中国でグーグルへの接続が一部遮断、天安門事件から25年

2014/06/04 12:30 

140604guge_01.jpg

連接阻断:中国でグーグルへの接続が一部遮断
天安門事件から25年

 天安門事件から4日で25年を迎えた中国の広い範囲でネット検索大手「グーグル(Google)」にアクセスできない状況が発生しているというニュースです☆

 中国当局によるインターネット検閲を監視する団体「GreatFire.org」がこのほど、発表した。。。 以下関連記事の一部抜粋です。。。

 グーグルの公開データによると、アクセスは完全に遮断されたわけではないが、数日前から件数が減少している。同社の検索やメール、カレンダーなどのサービスが利用できなくなっているユーザーは数百万人に上るとみられる。中国ではもともと交流サイト(SNS)のフェイスブックや短文投稿サイトのツイッター、グーグル傘下の動画共有サイト、ユーチューブなどへの接続が遮断されている。

 グーグルは2010年、中国政府の検閲ルールに反発し、同国からのアクセスを検閲のない香港版サイトへ自動転送する措置を取った。12年の中国共産党大会開催中にも、同社の主要サービスが遮断された。(from cnn



 検閲に反対する活動団体「GreatFire.org」は2日、ウェブサイト上で、グーグルのサービス遮断が中国本土でエスカレートしており、検索やGmail、翻訳など「ほとんど全ての」サービスの利用が困難になっていると指摘した。

 中国政府は重要な式典や政治的会議の前に、国外に拠点を置くウェブサイトへのアクセスを制限することが多い。ウェブ上のセキュリティサービスを提供する米クラウドフレア社によると、ここ24時間、中国からサービスの提供を不能な状態にする「DoS攻撃」が急増する中でブロック状態が起こっているという。

 習近平国家主席が2012年に政権を握って以降、中国政府はインターネット管理を一段と強化しており、グーグルに対する妨害はこうした流れに沿ったものだ。過去1年間、政府はネット上で著名なコメンテーターを弾圧したほか、インターネットセキュリティを監視する新たな委員会を設置。さらに反ポルノ運動を猛烈に展開してオンライン出版物2点を廃止したほか、ポータル大手の新浪公司から配信ライセンスを取り上げた。(from wsj



 中国当局のインターネット検閲を監視する団体「GreatFire.org」は、「この遮断が(天安門事件の)発生日前後の一時的な措置なのか、恒常的なものかは明らかではない。ただ、4日間も遮断が続いているため、グーグルがこれからひどく妨害され、ほとんど使えなくなる可能性が高い」とした。(from reuters


 私も先月31日から明らかにネットの速度が遅くなっているのを感じてて、見れないサイトも増えてるし。いろんなツールが使えなかったり、今回はちょっと深刻。。。  >>>>博客村 排行傍  >>>>博客 排行傍

★関連ニュース★
正式開館:天安門事件の常設記念館「六四記念館」が香港にオープンへ!!
遇襲事件:香港紙「明報」元編集長、ケルビン・ラウ(劉進図)氏が暴漢に襲われ重体
遊行活動:香港で6千人の「大規模デモ」、言論の自由を訴え
常設展覧:「天安門事件」をテーマにした記念館「六四記念館」、2014年4月オープン -香港-

ネット大国中国――言論をめぐる攻防 (岩波新書)ネット大国中国――言論をめぐる攻防 (岩波新書)
遠藤 誉

おすすめ平均
stars中国のネット規制
stars言論をめぐる攻防の主戦場がネットにあるという中国の現状がよくわかる
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連記事

 お気に召しましたら ポチッとおねがいネ♪
人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ


テーマ : 中朝韓ニュース - ジャンル : ニュース

政治・経済Comment(0) | Top ▲

コメント

Top ▲


コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 


ブログパーツ