スポンサーサイト

--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

未能登機:香港学生代表、中国政府との対話求め北京目指すも、香港空港で搭乗拒否される

2014/11/16 11:30 

141116xianggangxuelian_001.jpg

未能登機:香港学生代表、中国政府との対話求め北京目指すも
香港空港で搭乗拒否される

 香港の行政長官選挙の民主化を求めている学生団体「大学生連合会(学連)」の代表幹部、周永康・事務局長ら3人が15日、中国政府との直接対話を求めて北京に向かおうとしたところ、香港空港で航空機搭乗を拒否されたというニュースです☆

 学生団体によると、インターネットで搭乗手続きを済ませていたキャセイ航空から、中国本土の往来に必要な通行証が無効になったと告げられたとのことです。 以下関連記事の一部抜粋です。。。

 香港の公共ラジオRTHKなどによると、3人は手荷物検査を受ける直前に、航空会社から、中国本土との往来に必要な通行証が無効になっていると告げられた。発行元である中国側が3人の通行証を無効にする措置を取ったという。

 周氏は15日夜、記者会見し、「中国は堂々たる大国なのに、学生が北京に来て当局者と対話するのを、なぜ怖がるのか」と語り、中国側の対応を批判した。(from yomiuri



 学連は同日午前、中国の李克強首相にあてた公開書簡で、会見に応じるよう要求。代表者らが中国側の事前了解がないまま、北京に向かおうとしていた。搭乗を拒否されたことで学連側は今後、対中抗議を強める見込み。

 中国政府側はこれまで一貫して、民主派デモの街頭占拠を「違法集会」などと非難し、香港の選挙制度改革に関する8月31日の決定の見直しはあり得ない、と繰り返し強調している。(from sankei



 学生団体は北京行きに合わせて、李克強(リーコーチアン)首相あての公開書簡を発表。「香港人の声を直接聞き、正しい判断を下してほしい」「一緒に現実を直視してほしい」などと訴えていた。

 学生らは先月21日に香港政府と対話。だが、中国側が示した仕組みの撤回などを求める学生側と、今の枠組みの範囲で手続きを進めるべきだとする政府の溝は埋まらず、占拠は1カ月半以上続いて膠着(こうちゃく)状態になっている。(from asahi


 搭乗拒否のことは、中国でも報じられているけれど、これを見た中国の学生たちはどんなことを感じているのかな。香港警察は、明日(17日)にもバリケードを強制撤去するといわれているけれど、ひどいことにならなきゃいいけど。。。   >>>>博客村 排行傍  >>>>博客 排行傍

★関連ニュース★
反間諜法:中国が「反スパイ法」を施行、国内外で引き締め強化
遭冷封殺:中国当局、民主派支持を理由に香港・台湾芸能人29人を中国本土から締め出す!? アンディ・ラウ、チョウ・ユンファなど
突襲排除:香港警察が学生デモ隊を催涙スプレーを使って強制排除、45人逮捕
威脅攻撃:国際的ハッカー集団「アノニマス」、中国・香港政府にサイバー攻撃予告

Newsweek (ニューズウィーク日本版) 2014年 10/14号 [香港と天安門]Newsweek (ニューズウィーク日本版) 2014年 10/14号 [香港と天安門]

CCCメディアハウス 2014-10-07
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連記事

 お気に召しましたら ポチッとおねがいネ♪
人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ


テーマ : 中朝韓ニュース - ジャンル : ニュース

政治・経済Comment(0) | Top ▲

コメント

Top ▲


コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ