スポンサーサイト

--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

加強打撃:中国公安当局、サイバー犯罪取り締まりで1万5000人逮捕

2015/08/20 11:00 

150820wangluofanzui_01.jpg

加強打撃:中国公安当局
サイバー犯罪取り締まりで1万5000人逮捕

 中国の公安当局が先月から半年間の計画で実施しているサイバー犯罪の取り締まりで、これまでに1万5000人が逮捕されたというニュースです。以下関連記事の一部抜粋です。。。

 中国の警察は18日、「インターネットの安全を脅かした」として、7400件のサイバー犯罪を捜査し、約1万5000人を逮捕したと発表した。逮捕された時期は明らかにしていない。

 習近平国家主席は2013年の就任以来、インターネットへの規制を強めているとされる。7月には、「インターネット浄化」と銘打った6カ月間の捜査強化計画を導入した。(from reuters



 当局は声明の中で、通信会社へのサイバー攻撃、一斉配信のメッセージを使って金融情報を盗む手口、障害者を狙った詐欺、偽の投資サイトなど、10件の具体例を紹介している。

 中国当局は外国のニュースサイトやソーシャルメディアの使用を規制し、政府批判の投稿を監視するためブロガーに実名の登録を義務付けている。(from cnn



 中国警察は7400件に及ぶインターネット犯罪を捜査したなかで、ポルノ掲載、武器および爆発物販売、賭博広告掲載ほか、「違法で有害な情報」の掲載の疑いで6万6千のサイトを調べた。

 これらの措置は中国で採択された新たなサイバー安全保障法の結果、とられたもの。新法はインターネット上のデーター拡散を管理することを見込んでいる。新サイバー安全保障法には、ユーザーの個人情報を違法に漏洩するハッカーおよび詐欺者から保護することを目的とすると書かれている。(from sputniknews


 一方で、中国は他国に対するサイバー攻撃による産業・軍事スパイ活動の疑いがありますよね。こちらも明らかになって欲しいです。。。   >>>>博客村 排行傍  >>>>博客 排行傍

★関連ニュース★
網絡賭博:中国史上最大の「ネット賭博犯罪グループ」が摘発、賭け金は月額7兆円超
自学編程:中国の17歳ハッカーら、現金約285億円を不正引き出し、独学でプログラミングを習得
実名認証:中国当局がネット管理強化、交流サイト(SNS)に実名制導入へ
連接阻断:中国でグーグルへの接続が一部遮断、天安門事件から25年

中国の情報機関――世界を席巻する特務工作(祥伝社新書311)中国の情報機関――世界を席巻する特務工作(祥伝社新書311)
柏原 竜一

祥伝社 2013-03-02
売り上げランキング : 313680

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

中国のサイバー攻撃はどれくらい怖いか中国のサイバー攻撃はどれくらい怖いか
村瀬一志 吉田直可(辯護士)

一般社団法人日本士業協会 2014-06-23
売り上げランキング : 1603020

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連記事

 お気に召しましたら ポチッとおねがいネ♪
人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ


テーマ : 中朝韓ニュース - ジャンル : ニュース

一般・社会Comment(0) | Top ▲

コメント

Top ▲


コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ