スポンサーサイト

--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

間諜嫌疑:中国で日本人男性2人が「スパイ行為」の容疑、5月から拘束

2015/09/30 11:30 

150930jiandiexianyi_01.jpg

間諜嫌疑:中国で日本人男性2人が「スパイ行為」の容疑
5月から拘束

 中国は遼寧省と浙江省で今年5月から、日本人男性2人が「スパイ行為」の疑いで中国当局に拘束されていたというニュースです☆ 以下関連記事の一部抜粋です。。。

 関係筋によると、男性2人は民間人で、中国には住んでおらず、日本から渡航して拘束された。中国の反スパイ法と刑法が根拠となっているという。1人は遼寧省の中朝国境地帯で、もう1人は浙江省の軍事施設周辺で拘束された。中国側は、男性2人の行動において、日本政府の指示があったかどうかについても調べている模様だという。(from asahi



 中国では、去年11月にスパイ行為を具体的に定義した「反スパイ法」が施行されて、当局が取締りや監視を強めており、今月には、アメリカ人の女性がスパイの疑いをかけられて、半年前から中国当局に拘束されていることが明らかになっています。(from nhk



 海外の勢力、海外の資金、海外の思想――。海外の影響が自らの体制を揺るがすことに、習近平(シーチンピン)指導部は極度に神経をとがらせている模様だ。そうした中で制定されたのが、反スパイ法だ。具体的なスパイ行為を定義し、国内の組織や市民を広く動員してスパイ活動を防ぐ狙いだ。スパイ行為の定義の中には「その他のスパイ活動」というあいまいな項目もあり、海外の組織やそれと関係する中国人ら幅広い対象に対し、恣意(しい)的に取り締まりが行われる懸念を持たれている。(from asahi


 今回のニュースは、中国でも日本メディアが報じたことを取り上げてるくらいで、詳細は全然分からないんだけれど、最近拘束されたのがアメリカ人と日本人というのも、ちょっと考えてしまいますね。。。  >>>>博客村 排行傍  >>>>博客 排行傍

★関連ニュース★
加強打撃:中国公安当局、サイバー犯罪取り締まりで1万5000人逮捕
全面清障:香港民主派デモ、最後の拠点も撤去完了、デモ鎮圧の切り札は「盗聴」「スパイ」だった
反間諜法:中国が「反スパイ法」を施行、国内外で引き締め強化

中国の産業スパイ網 世界の先進技術や軍事技術はこうして漁られている中国の産業スパイ網 世界の先進技術や軍事技術はこうして漁られている
ウィリアム・C. ハンナス アンナ・B. プイージ ジェームズ マルヴィノン William C. Hannas

草思社 2015-09-17
売り上げランキング : 107053

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


関連記事

 お気に召しましたら ポチッとおねがいネ♪
人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ


テーマ : 中朝韓ニュース - ジャンル : ニュース

一般・社会Comment(0) | Top ▲

コメント

Top ▲


コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ