スポンサーサイト

--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

解除合資:カルビー(Calbee)が中国のスナック菓子合弁解消へ、売り上げ伸びず3年で撤退

2015/11/05 16:30 

151105kalebi_01.jpg

解除合資:カルビー(Calbee)が中国のスナック菓子合弁解消へ
売り上げ伸びず3年で撤退

 スナック菓子大手「カルビー(Calbee、卡楽比)」がこのほど、2012年に中国・浙江省杭州市に設立した合弁会社「カルビー(杭州)食品」の売却を発表したというニュースです☆

 保有する株式(51%)は合弁相手である康師傳方便食品投資に1元(約19円)で譲渡するとのことです。以下関連記事の一部抜粋です。。。

 合弁会社には、カルビーが51%、中国の食品大手・康師傅(カンシーフー)グループが45%、伊藤忠商事が4%を出資。「じゃがビー」や「かっぱえびせん」を製造していたが、売り上げが伸びなかった。改善策をめぐってカルビーと康師傅側で1年ほど協議していたが、折り合えなかったという。

 中国での「じゃがビー」は原料の生地を米国から輸入して製造していたためコストがかかり、価格が一般的なスナック菓子の1・5倍ほどになったことも苦戦につながった。また、「かっぱえびせん」は、中国でエビを使った競合商品が多く、参入が遅かったのも響いたという。(from asahi



 カルビー(杭州)食品は2012年8月の設立で、スナック菓子「じゃがビー」や「かっぱえびせん」を製造、販売していた。カルビーは18年3月期に中国全体で500億円の売上高目標を掲げてきたが、15年3月期は約22億円にとどまっていた。

 カルビーは香港の合弁会社、カルビーフォーシーズ傘下のCFSS(広東省)を通じて主に中国南部でかっぱえびせんなどを販売しているが、この事業は続ける。カルビーは「中国のスナック菓子は有望な市場で近い将来再挑戦する」とのコメントを発表した。(from nikkei


 やっぱり、中国のスナックに比べて値段が高かったと思いますね。また、香港経由のものだけになってしまうのかと思うと、ちょっと寂しいですね。。。  >>>>博客村 排行傍  >>>>博客 排行傍

★関連ニュース★
宣伝活動:ケイティ・コン(龔嘉欣)が和服姿で日本のスナック菓子をPR!!
宣布関閉:米ヤフーが中国から完全撤退、従業員200~300人を解雇
谷歌退出:グーグル(谷歌、Google)中国本土撤退、検閲回避に香港経由でサービス提供

チャイナリスク・チャイナドリームチャイナリスク・チャイナドリーム
伊藤 嘉基

同友館 2014-01-22
売り上げランキング : 839609

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


関連記事

 お気に召しましたら ポチッとおねがいネ♪
人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ


テーマ : 中朝韓ニュース - ジャンル : ニュース

政治・経済Comment(0) | Top ▲

コメント

Top ▲


コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ