スポンサーサイト

--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

正式納入:中国「人民元」が来年10月から「主要通貨」入り、SDR構成比は日本円抜き3番目に

2015/12/01 12:00 

151201renminbi_01.jpg

正式納入:中国「人民元」が来年10月から「主要通貨」入り
SDR構成比は日本円抜き3番目に

 中国の「人民元」が来年10月からドルや円と並ぶ「主要通貨」に採用されたというニュースです☆ IMF(国際通貨基金)が日本時間1日未明、発表した。以下関連記事の一部抜粋です。。。

 国際通貨基金(IMF)は30日の理事会で、特別引き出し権(SDR)と呼ぶ準備通貨に中国・人民元を採用することを正式決定した。ドルや円などに次ぐ5通貨目で、現制度になって約35年間で構成通貨の追加は初めて。元はドルや円と並ぶ国際通貨として「お墨付き」を得たことになる。貿易・投資で元の利用に弾みがつくが、中国当局にはもう一段の取引自由化が求められる。IMFは人民元を国際通貨体制に取り込むことで、より柔軟な変動為替相場制への移行を促す考えで「制度改革が進むか今後も監視していく」(ラガルド氏)と強調している。(from nikkei



 IMFの加盟国は、出資額に応じて仮想の通貨であるSDRを割り当てられている。経済危機に直面してお金が必要になった国は、そのSDRと引き換えに、他の加盟国からドルやユーロなどの構成通貨を融通してもらえる。今年は構成通貨の5年に1度の見直しの年に当たり、中国が人民元の採用を強く求めていた。

 SDRの価値を計算する際の構成比については、ドル41・73%、ユーロ30・93%、人民元10・92%、円8・33%、ポンド8・09%とした。前回の見直し時点での比率は、ドル41・9%、ユーロ37・4%、ポンド11・3%、円9・4%で、人民元は円とポンドを上回って3番目となる。(from asahi


 変動相場への移行が条件みたいなんだけれど、どうなるんでしょう??? 日本への影響も心配ですね。。。  >>>>博客村 排行傍  >>>>博客 排行傍

★関連ニュース★
最大假幣:中国で偽札40億円分押収、29人拘束、過去最大規模 -広東省恵州市-
全面崩壊:著名投資家ジョージ・ソロス氏が中国の財政的破綻を予言
預計明年:2012年の中国経済 8.5%成長に鈍化へ=人民銀行貨幣政策委員リー・ダオクイ(李稲葵)氏‎
「人民元」がアジア統一通貨になる可能性

人民元読本―今こそ知りたい! 中国通貨国際化のゆくえ人民元読本―今こそ知りたい! 中国通貨国際化のゆくえ
陳雨露 関志雄 推薦

日本僑報社 2014-07-31
売り上げランキング : 763457

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


関連記事

 お気に召しましたら ポチッとおねがいネ♪
人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ


テーマ : 中朝韓ニュース - ジャンル : ニュース

政治・経済Comment(0) | Top ▲

コメント

Top ▲


コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ