黒客攻擊:米司法省、中国政府系ハッカー2人を起訴、米、日本など12カ国が被害

2018/12/21 10:30 

181221heike_001.jpg

黒客攻擊:米司法省、中国政府系ハッカー2人を起訴、米、日本など12カ国が被害

 米司法省が昨日(20日)、中国政府と関係のある中国人ハッカー2人を起訴したことを発表したというニュースです。

 2人は、米国や日本、英国など少なくとも12カ国の政府機関や企業から情報を盗み取っていたとのことです。以下関連記事の一部抜粋です。。。

 起訴状によると、2人は中国の情報機関である国家安全省とつながるとされるハッカー集団「APT10」のメンバー。中国天津市の企業に勤務し、国家安全省の下部組織の天津市国家安全局と連携していた。

 APT10のメンバーは2006年ごろから活動を始め、米国で45以上の政府機関や企業から情報を窃取。航空宇宙局(NASA)や海軍のほか防衛や航空、資源開発などの企業を狙い、技術情報を盗んだ。日米と欧州6カ国、インド、ブラジル、カナダ、アラブ首長国連邦(UAE)の少なくとも12カ国の企業の情報も不正入手した。(from sankei



 レイ連邦捜査局(FBI)長官は記者会見で「中国は米国に代わって超大国となるために違法手段を使っている」と厳しく批判。英政府は中国によるサイバー攻撃の疑いに対処するため、同盟国と協力すると表明した。(from kiji


 今回起訴されたハッカーは氷山の一角だと思うけれど、それでも明るみになったことで、ますます米中関係の緊張は高まりますね。年明け早々何もなければいいんだけれど。。。   >>>>博客村 排行傍  >>>>博客 排行傍

★関連ニュース★
渉竊機密:米、中国の情報部員を逮捕、航空産業のスパイ容疑で




テーマ : 中朝韓ニュース - ジャンル : ニュース

政治・経済Comment(0) | Top ▲

コメント

Top ▲


コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 


ブログパーツ