北京驚現:北京で肺ペストが発生、市内の病院で患者2人が診断される

2019/11/14 09:30 

191114feishuyi_01.jpg

北京驚現:北京で肺ペストが発生、市内の病院で患者2人が診断される

 このほど、中国・北京市の病院で、患者2人が肺ペストと診断されたというニュースです(上記写真は参考画像)。以下関連記事の一部抜粋です。。。

 中国・北京市の病院で、患者2人が肺ペストと診断された。病院のある区の当局が12日、ウェブサイトで明らかにした。肺ペストは発生こそまれなものの感染力が強く、治療を怠れば死に至る。当局によれば、患者らは同国北部の内モンゴル(Inner Mongolia)自治区の出身で、現在は北京市内の病院で治療を受けている。当局はまた、すでに「予防・管理措置が取られている」と説明した。

 AFPは市当局にコメントを求めたが、回答はなかった。ただし世界保健機関(WHO)は、中国の当局から肺ペスト発生の報告があったことを確認している。(from afpbb


 ちなみに、肺ペストはペストの中でも感染力が強く危険性が高いとのことです。また、飛沫感染するから非常に怖いです。中国にはしっかり対策をとってもらいたいですね。   >>>>博客村 排行傍  >>>>博客 排行傍

★関連ニュース★
病例破千:中国広東省でも「デング熱」が深刻、今年の患者数はすでに1000人超
全球首例:中国、鳥インフルH10N8型で死者、人への感染確認は世界初 -江西省南昌市-
首例確診:香港で初めてH7N9型の鳥インフルエンザ感染者が確認
H7N9禽流感:中国の「鳥インフルエンザ」死者44人に、広東省では初めてとなる新規疑似症例も





テーマ : 中朝韓ニュース - ジャンル : ニュース

一般・社会Comment(0) | Top ▲

コメント

Top ▲


コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 


ブログパーツ